アイロニ

アイロニ

歌词

歌曲名 Irony

歌手名 Majiko

作词:Scop

作曲:Scop

少し 歩き 疲れ た ん だ

少し 歩き 疲れ た ん だ

月並み な 表現だ け ど

人生と か い う 長い 道を

少し 休み た い ん だ

少し 休み た い ん だ け ど

時間は 刻一刻残酷と

私を 引っ ぱ っ て い く ん だ

う ま く い き そ う な ん だ け ど

う ま く い か な い こ と ば か り で

迂闊に も 泣い て し ま い そ う に な る

情け な い 本当に な

惨め な 気持ち な ん か

嫌と い う ほ ど 味わ っ て き た し

と っ く に 悔し さ な ん て も の は

捨て て き た は ず な の に

絶望抱く ほ ど

悪い わ け じ ゃ な い け ど

欲し い も の は

い つ も 少し 手に は 届か な い

そ ん な 半端だ と ね な ん か

期待し て し ま う か ら

そ れ な ら も う い っ そ の こ と

ド ン 底ま で 突き 落と し て よ

答え な ん て 言わ れ た っ て

人に よ っ て す り 替わ っ て っ て

だ か ら 絶対な ん て 絶対

信じ ら ん な い よ ね ぇ

苦し み っ て 誰に も あ る っ て

そ ん な の わ か っ て る か ら 何だ っ て

な ら 笑っ て 済ま せ ば い い の

も う わ か ん な い よ バ カ

散々 言わ れ て き た く せ に

な ん だ ま ん ざ ら で も な い ん だ

簡単に 考え た ら 楽な こ と も

難関に 考え て た ん だ

段々 と 色々 め ん ど く な っ て も う

淡々 と 終わ ら せ ち ゃ お う か

「 病ん だ 」 と か も う

嫌ん な っ た か ら

や ん わ り と 終わ れ ば

も う い い じ ゃ ん か

夢だ と か 希望と か

生き て る 意味と か

別に そ ん な も の は さ し て

必要な い か ら

具体的で わ か り や す い

機会を く だ さ い

泣き 場所探す う ち に

も う 泣き 疲れ ち ゃ っ た よ

き れ い ご と っ て 嫌い だ っ て

期待し ち ゃ っ て も 形に な ん な く て

「 星が 僕ら 見守っ て 」 っ て

夜し か い な い じ ゃ ん ね ぇ

君の そ の 優し い と こ

不覚に も 求め ち ゃ う か ら

こ の 心や ら か い と こ

も う 触ん な い で ヤ ダ

も う ほ っ と い て

も う 置い て っ て

汚れ き っ た こ の 道は

も う 変わ ん な い よ 嗚呼

疲れ ち ゃ っ て 弱気に な っ て

逃げ 出し た っ て 無駄な ん だ っ て

だ か ら 内面耳塞い で

も う 最低だ っ て 泣い て

人生っ て 何な の っ て

わ か ん な く て も 生き て る だ け で

幸せ っ て 思え ば い い の

も う わ か ん な い よ バ カ

展开